1.Vビームって何?

Vビームイメージ

Vビームは、肌を守りながら深くまで光が届くレーザーです。
冷却システムを装備しているので、輪ゴムでパチンと弾かれる程度で、
傷あとは残りません。

肌を守る安全な冷却システム

家族イメージ

レーザーが当たる前に−26℃の冷たいガスを肌に吹き付けることで、
レーザーから肌を守り、とても安全です。

2.Vビームで出来ること

保険適用

  • 赤アザ・ポートワイン(単純性血管腫)
  • 赤アザ・いちご(苺状血管腫)
  • あから顔・りんご(毛細血管拡張症)

保険非適用

  • ニキビ
  • 若返り
  • 傷あと
  • イボ
  • シミ
  • 単純性血管腫イメージ

    単純性血管腫(赤アザ・ポートワイン) 保険適用

    単純性血管腫は、ポートワイン母斑とも言われる「赤アザ」の1つです。肌の表面近くにある毛細血管が拡がる病気です。生まれつきのものが多く、体の中心にあるものは薄くなりますが、変則なものは消えることなく、大人になると、色が濃くなったり、厚ぼったくなったりすることがあります。

  • 苺状血管腫イメージ

    苺状血管腫(赤アザ・いちご) 保険適用

    苺状血管腫は、いわゆる「赤アザ」の1つです。乳児血管腫とも呼ばれ、血管その他が増えている病気です。生後1ヶ月ぐらいから出てきて、その後盛り上がり、表面が苺の様になります。自然に小さくなることも多いですが、盛り上がりやたるみ、キメの違い、傷あとが残る場合があるので、なるべく早期(生後1ヶ月から)に治療することをおすすめしています。

  • 毛細血管拡張症イメージ

    毛細血管拡張症(あから顔・りんご) 保険適用

    毛細血管拡張症は、あから顔とも言われます。肌の表面にある血管が拡がっている状態です。年齢や紫外線と様々な原因で、より目立ってくると言われています。

3.Vビーム患者様パンフレット

パンフレットダウンロード

Vビームイメージ

治療前に気をつけること

日焼けはNGです。日焼けをしていると、
レーザービームがお肌のメラニンに吸収されてしまい、
血管までレーザーが届かないだけでなく、
合併症(色素沈着や色素脱失)の原因となります。
また、レーザー照射前には、お化粧や日焼け止めを
しっかり落としていただいてから施術をします。

4.保険について

看護師イメージ

Q1
健康保険は使えますか?
A1
単純性血管腫、苺状血管腫、毛細血管拡張症の治療には健康保険と乳児医療の適用となります。
ただし、3ヶ月以上の間を空けて治療する場合に限られます。
Q2
何歳から保険治療を受けることができますか?
A2
生まれてからすぐに受けられます。
Q3
何回まで保険治療を続けられますか?
A3
回数に制限はありません。
Q4
大きさによって治療費は変わりますか?
A4
10cm2までの大きさで、3割自己負担の場合で約6,500円です。
それよりも大きい場合、10cm2ごとに1,500円増え、180cm2が保険で治療可能な最大の大きさです。(約32,000円:3割負担の場合)

5.麻酔について

  • エムラクリームイメージ
    エムラクリーム(麻酔クリーム)について
  • ペンレステープイメージ
    ペンレステープ(麻酔テープ)について

レーザーを当てた時は、輪ゴムでパチンとはじかれる様な痛みがあります。
必要に応じて治療前にエムラクリーム(麻酔クリーム)や
ペンレステープ(麻酔テープ)をお渡ししますので、
施術者の指示に従って使用して下さい。
小さなお子様の場合、おさえや全身麻酔が必要になることがあります。

6.リンク

7.Vビーム導入施設一覧

詳しくは、医療機関に直接お問い合わせください。

  • 北海道・東北
  • 関東
  • 中部
  • 近畿
  • 中国・四国
  • 九州・沖縄